greenz.jpで、札幌のオーガニック居酒屋「粋ラボラトリー」石田香織さんを取材しました。

”残念ながら平和な日本にも、人材の使い捨てや過酷な労働環境、価格競争など改善すべき不公平なトレードはたくさんあります。”

フェアトレードって、一般的には「発展途上国でつくられた製品を適正な価格で公正な取引すること」とされているけれど、暮らしや職場でも“フェア”なトレードが必要だよね、と考えるきかっけをもらいました。

取材させていただいた石田香織さんは、greenz創刊時からの読者。札幌・大通でオーガニック居酒屋「粋ラボラトリー」を経営しています。「ぜひpeopleオフ会をしたい!」と狼煙をあげてくれたので、札幌そして北海道にお住まいのgreenz peopleの方はぜひ会いにいってほしいです!

私が次に(12月頃かな)北海道へ行くタイミングでも、オフ会を開催できたらいいな~。

 

カレーの値段はあなたが決めて。札幌のオーガニック居酒屋「粋ラボラトリー」石田香織さんに聞く、暮らしや職場でも実践できる“フェア”なトレードとは

 

「はたらくラボ」のメンバー募集中!

子育てと仕事の両立を応援しあう、女性のためのオンラインサロンを主宰しています。
働き方や暮らしの工夫を共有しながら、ママたちが生き生きと暮らせるコミュニティがあれば良いなと思って立ち上げました。

Facebookグループで情報交換や意見交換をするほか、月1回「仕事」や「子育て」をテーマにしたイベントを開催します。オンラインサロンへは、月額1,100円でご加入いただけます。

はたらくラボへの参加はこちら

 

関連記事

旅する編集学校1期が、京都でスタート!地域の魅力をあなたの言葉で届けよう。

メオトークで、京都移住計画の田村さんご夫婦を取材しました。

greenz.jpで、北海道厚真町で馬搬林業家として暮らす西埜将世さんを取材しま...

まずは目線をあわせることから。旅する編集学校で学ぶ「インタビューの基本」

2018年のお仕事実績をまとめています。

greenz.jpで大阪ガス「ソーシャルデザインフォーラム2017」の記事を執筆...