greenz.jpで尼崎ENGAWA化計画代表・藤本遼さんを取材しました。

greenz.jpで尼崎をフィールドに活動する場を編む人・藤本遼さんの記事を書きました!

目的や意義を追い求めない場があってもいいんじゃない?「尼崎ENGAWA化計画」藤本遼さんのあり方から感じ取る、“グラデーション”ある世界を生きるということ。

藤本くんとはじめて会ったのは、2015年7月。
oinai(京都・烏丸にあるコワーキングスペース)の3周年記念パーティーでした。

その時、惜しまれつつこの10月末で閉店した「amare(あまり)」をつくっているという話を聞いて、当時京都に住みはじめたばかりだった私は、関西にはおもしろい人がたくさんいるんだなと思ったのを記憶しています。

それから私は本格的にライターの仕事をするようになり、そして2人目の子どもを産み、藤本さんは「amare」を起点に活動をどんどん広げていって。

初めて出会った時に、「amareが完成したらgreenzで取材させてもらおう」と思っていたけれど、私が京都で暮らすペースを掴むのに時間がかかったり、妊娠・出産で体調を崩したりしてなかなか実現できず。

念願叶って、ようやく形にすることができました。

振り返ると、今のタイミングで取材させていただいたからこそ、藤本さんから聞けたことも、私が言葉にできたこともあったなと。

記事の中にはすべて書けなかったけれど、正しさってなに? とか、弱さを受け入れることとか、取材を通して私自身が考え直すことも多く、心に残る仕事の一つになりました。

藤本くんには感謝しかありません!

また2017年12月12日(火)には、藤本くんが活動する尼崎で「関西ピープル大忘年会2017」を開催予定です◎
ぜひこの機会にpeopleになりませんか?

「はたらくラボ」のメンバー募集中!

子育てと仕事の両立を応援しあう、女性のためのオンラインサロンを主宰しています。
働き方や暮らしの工夫を共有しながら、ママたちが生き生きと暮らせるコミュニティがあれば良いなと思って立ち上げました。

Facebookグループで情報交換や意見交換をするほか、月1回「仕事」や「子育て」をテーマにしたイベントを開催します。オンラインサロンへは、月額1,100円でご加入いただけます。

はたらくラボへの参加はこちら

 

関連記事

まずは目線をあわせることから。旅する編集学校で学ぶ「インタビューの基本」

greenz.jpで、鎌倉から北海道厚真町へ移住した個人貿易家、佐藤稔さんを取材...

greenz.jpで、ジビエハンター林 利栄子さんを取材しました。

京都移住計画の仕事探しコンテンツで、「株式会社ウェブライダー」さまの求人記事を執...

12/16日常に+αを。green drinks Sapporo vol.8「ち...

greenz.jpで、京都発「ローカルセッション」のイベントレポート記事を執筆し...